インフルエンザ予防接種、受験生と乳幼児いつ接種すると効果があるの

すやすや眠る赤ちゃん

本格的な受験シーズンまでもう少し

毎年、受験本番シーズンはインフルエンザが流行する季節でもあります

予防接種の効果が受験の日に効果がないと困るものです。

でないと大事な試験を受けたくても受けられないなんて、悲しい事になってしまうかもしれません

では、どのようなタイミングで予防接種を受けるのが一番ベストなんでしょうか?

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種は受験日程に合わせる

毎年10月1日以降から予防接種は開始されます

いつ接種するのが受験にインフレん座の心配をしなくてもいいのか考えて、予約の日程を決めないといけません

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が現れるまでに約2週間程度かかり接種半年後には抗体価が低下

日本ではインフルエンザの流行時期は1月から3月

この時期に一番効果が期待できるように接種計画を立てる必要があるのです

接種は遅くても11月中旬までには済ませておくと心配が少なくて済むはずです

13歳未満のお子さんは2度接種を忘れずに

インフルエンザの予防接種は13歳未満は2回接種です。

2回接種のため気をつけないといけないことがあります。

というのも、この2度接種が必要な年齢のお子様だと、風邪をひいたりして接種時期が延期になることが多いからです。

我が家の子供たちも、2度目の接種が12月中旬の予約

その前に風邪をひいてしまい、病院がお正月休みに入ってしまったから、なんと2度目のときはインフルエンザ流行時に病院に行くという経験をしてしまったことがあるのです

2度摂取が必要なお子さんは、ワクチン接種が可能になり次第早め早めにご予約してください

赤ちゃんの場合は6か月以降でしたら接種可能ですが、小さな体にワクチン接種は不安な方もいらっしゃるでしょう

主治医とご相談の上、接種をするかを決めてくださいね

インフルエンザ予防接種後も手洗い・うがいは大事

インフルエンザの予防接種を受けていても、インフルエンザにはかかることもあります

ただ予防接種をしていた場合、インフルエンザにかかっても軽症で済むことが多いようです。

うちの子供みたいに手洗い・うがいをしなかったら、ワクチン接種したのに2度もインフルエンザにかかったのもいます。

外出先から帰宅したら手洗い、うがいを忘れずにする事が一番の予防策ですから、ワクチンを打ったからと基本的な予防方法を忘れてしまってはいけませんね

インフルエンザA型・B型。同時感染の可能性はあるのか?

2015.01.08

スポンサードリンク