逆流性食道炎を食生活で改善!糖質制限は本当に効果があるの?

日本の伝統食

年末年始の暴飲暴食から、年度末の仕事の忙しさ

私の胃はすっかりおかしくなってしまったようで、毎日、家事をしていても、睡眠中でも胃液がゲボゲボ上がってくるようになりました。

しかも、薬を飲んでも症状は治まらず、とうとう胸のあたりがつっかえる症状まで登場!

逆流性食道炎に良いと言われる消化の良いものを食べても胃液が逆流してきます。

スーパーで食料品を選ぶのも苦痛なほど気持ちが悪いです。

そんな私が、毎日の食生活と食べる方法を変えただけで、この2週間で胃の痛み・吐き気・胸焼け・胸のつかえなど、すべての症状が軽くなったんです。

まさか、胃液が上がる原因が、消化の良い「おかゆ」だったなんてビックリでした。

スポンサードリンク

焼肉をたっぷり食べた日は、胃がむかむかしない

若いころから暴飲暴食・ストレスなどで逆流性食道炎を何度も経験

そのたびに、投薬・食事の指導などうけてきたので、今回も胸焼けが続きだしたころから、刺激の少ない・消化の良いものを食べていたのです。

胸焼けが酷い時には「おかゆ」や「クタクタに煮たうどん」を主に食べていました。

それなのに吐き気が収まるどころか、どんどんひどくなり食後に胸のあたりが苦しくてたまりません。

ここまで苦しい症状に悩むなら、病院で検査をし、ちゃんと治療をすればいいものの、胃カメラが怖い私はどうしても病院に行きたくないのです。

仕事中も「気持ちが悪い」ため作業に集中が出来ません。

こうなったら、消化に悪い大好きな肉をお腹いっぱいに食べて、胃がひっくり返るくらい痛くなったら検査を受けると家族に宣言

吐くことを覚悟で、大好きな塩だれの焼肉をお腹いっぱい食べてきたのですが、この夜も、翌朝も胃はムカムカしません。

私は焼肉を食べに行くときは野菜も米も食べず、ただ肉だけ食べるタイプの人間です。

ただお肉をガッツリ食べ、胃には負担がかかる食事をしてきたのに胃液も上がってこなかったのです。

消化の良い炭水化物を食べても胸焼けが始まる

翌日、朝食に蒸し大豆のサラダと食パン半分

お昼はヨーグルトとサラダ・チーズだけで食事をすませ、

夜は鍋焼きうどんを食べたのですが、夕食後20分を過ぎるころから強烈な胸焼け

翌日の焼肉の食べ過ぎが原因か?とも思い、翌日は消化の良い「おかゆ」や「うどん」に少量のお肉を食べただけですが、やっぱり胸焼けが止まりません。

その翌日、朝食は豆乳とヨーグルト

昼・夕の2食は外出先で魚・肉・野菜だけのメニューで外食

この夜も胸焼けはしません。

食べたものと酷く胸焼けをするタイミングを調べてみると

・お肉をたっぷり食べても胸焼けはしない

・消化の良い炭水化物を食べるとムカムカが始まる。

こんな感じです。

以前読んだこちらの記事をふと思い出し読み返してみると、私の胸焼けの原因は炭水化物のような気がします。

ドクター江部ブログ⇒逆流性食道炎と糖質制限食

炭水化物好きには辛すぎるスーパー糖質制限食

主食を止めると健康になる

糖質制限食には3つの方法があります。

1・「スーパー糖質制限食」

朝・昼・夕とも主食なし

2・「スタンダード糖質制限食」

一日3食のうち1回の食事だけ主食あり。残り2回は主食抜き

3・「プチ糖質制限食」

夕食だけ糖質の多いものを避ける

この3つの方法ですが、糖質が胸焼けの原因なら胃が治るまで3食主食なしの「スーパー糖質制限食」を選べば確実に治っていくのでしょう。

しかし、甘いもの大好き!炭水化物が大好きな私にとって、すべてを我慢するのは一日の楽しみが何もなくなってしまうんです。

そこで、なにをどれだけ食べたら、胸焼けが始まるのか体を張ってみることにしました。

糖質制限食どこまですれば逆流性食道炎の症状が軽くなるか

まずは3日間「スーパー糖質制限食」を試す

胃の痛み・胃のつかえはない。

睡眠中も胃液は上がってこない

その後3日間「スタンダード糖質制限食」を試す

1日目・・・朝食に食パン半分

胃に痛みはなし。少々胸焼けがする

2日目・・・お昼にうどん半玉

食後20分を過ぎたころから、胃液が上がってくる

3日目・・・夕食に雑穀米ご飯茶碗1/2

少しムカムカするが胃のつかえ、胃液が上がってくる不快感はない

その後7日間「プチ糖質制限食」を試す

夕食以外は糖質OKです。

朝は食パン半分ですが、お昼は「雑穀米」と「うどん」「パスタ」を交互に食べてみました。

前回のスタンダード糖質制限食の時と同じで、雑穀米よりも麺類の方が胃がむかむかします。

主食で雑穀米と食パンでは胸焼けも胃のつかえも少ないのに、麺類は確実に胸焼けの原因になっていることを突き止めました。

どれだけ噛んで食べるかも逆流性食道炎には関係する

麺類を食べると胸焼けがするなら、どんなに大好きな食べ物だって胃を治すためにはストップしないといけません。

しかし、一日最低一食は麺類を食べたい麺好きな私

どうにかして胸焼けを起こさない食べ方を突き止めたいわけです。

麺類の食べる量を減らしてみました。

うどん半玉、パスタは一回50g以下にしてみる

胃のムカムカはあるが、胃のつかえはない

30回以上よく噛んで食べた

前回と同じ量で、意識して30回以上ゆっくりと噛んで食べた。

胃の調子がすごくいい!!

量を少し増やして良く噛んで食べた

多少胃の痛みはあるが、胸焼けはしない。

柔らかすぎる食事は胃に負担をかけるの?

ほとんど噛まなくてもいい状態の「おかゆ」や「クタクタに煮たうどん」の場合、噛まなくてもいいほど柔らかいのが問題ありなんですね。

人はしっかり噛むことで唾液が沢山出てきます。

この唾液には消化を助ける酵素もあり、噛めば噛むほど胃の負担が少なくなるわけです。

「おかゆ」や「クタクタに煮たうどん」は柔らかいため噛む回数が少ないどころか、そのまま胃に流し込んでしまうんですよね。

そうすると、消化酵素の助けもないまま胃の中に入ってしまうために、胃に負担がかかるんです。

柔らかい「おかゆ」や「クタクタのうどん」を食べるときにも、しっかり噛んで食べないと胃に負担がかかります。

つい、麺類を食べるときには早食いになってしまう私

一口すすったら、箸を一回置き、ゆっくり噛むを繰り返す

この方法で早食いを強制的に治すことに成功です

プチ~スタンダード糖質制限食で胃の痛みがなくなる

バランスの良い食生活

順番にいろいろなことを試してみた結果、

・夕食に糖質を摂らなければ、胃がスッキリする。

・すると翌朝の胃の調子もいいのがわかりました。

また、朝と昼の食事もある程度の炭水化物なら、食べ方さえ注意すれば胃にかかる負担も少ないのもわかりました。

雑穀米やパンを食べるときには、無意識に野菜を食べてから炭水化物を口にしていたのに、麺類だと一口目から炭水化物を食べてしまっていたのがNGでしたね。

また、どうしてもツルっと食べられる麺類はあまり噛まずに食べていたことも胃に負担をかけていたんですね。

ゆっくり良く噛むことで、少量でも満腹感が得られるのも逆流性食道炎には効果的でした。

甘いおやつを食べられないのは悲しいですね

毎日の食事の食べ方に気をつければ胃がむかむかしたり、酸っぱいものが込みあがってくることはありません。

このままの生活を続ければ、この数か月間の胃の痛みとはサヨナラできそうです。

ただ、この方法だと魅惑的なスィーツを食べることができません。

試しに和菓子・洋菓子もどれだけ胃に負担がかかるか試してみたのですが、一番胸焼けが酷かったのが「大福」

ケーキ類はチーズを使ったものやプリン類は、ムカムカが少なかったです。

チョコレートはカカオの量が多いものは、吐き気はありませんでした。

ただし、ムカムカが少ないからと、いい気になって2個目を食べた後、ものすごく後悔することになったのですから、やはり糖質の摂りすぎは私の胃には優しくないようです。

もしも、消化の良い食生活を続けても逆流性食道炎が治っていかないのなら、なにを食べた後に胃がむかむかしやすいか調べてみることをおすすめしますよ。

ゆるゆる糖質制限食を続け50代の体に起きた3つの変化!

2016.03.28

更年期の便秘を発芽大豆で解消!エクオール作れる人目指します

2015.12.25

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016