干し柿の栄養と食物繊維で便秘解消!でも、食べ過ぎるのは注意ですよ

軒下のつるし柿

秋からたくさん出回る干し柿は、昔から栄養価が高いことは知られています

我が家でも寒くなってくると、干し柿はおやつによく出しますが、つい食べ過ぎてしまうので困るほどです

美味しい干し柿は甘いですから糖分もカロリーも気になるものです

スポンサードリンク

干し柿の意外と高いカロリーと豊富なビタミン

干し柿

少し大きめサイズの柿を丸ごと一個食べるのはお腹が張るのに、干し柿だと2個は軽く食べれませんか?

しかし、干し柿のカロリーを調べると、2個食べるのはちょっと考えてしまいます。

干し柿も種類や大きさによってもカロリーは変わってきますが、平均カロリーは一個あたり約100kcalほどだそうで、ついうっかりと2個食べてしまうと、ご飯お茶碗一杯食べたのと同じカロリーになってしまうんですね。

お正月時期に良く目にする「あんぽ柿」になると、約130calお値段も他の干し柿よりお高いですが、カロリーも高いんですよ。

しかし、ケーキなどのおやつに比べると、カロリーは控えめですので、食べる量さえ多くなければ、干し柿はかなり優秀なおやつなのです。

柿に沢山含まれるビタミンCは、干し柿にしてしまうと減少してしまいますが代わりに増えるビタミンAとカロテンが、冬を乗り切るために大事な栄養なんです

干し柿の豊かな栄養で医者いらずとなれば食べるしかない!

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」と言われるほど柿の効能は昔から知られていますが、普通に食べる柿より干し柿のほうが、更に栄養価が増すんですね。

干し柿にすることで増えるβ-カロテンこのβ-カロテンは普通の甘柿の約3倍になるそうです

しかもこのβ-カロテン、強い抗酸化作用で活性酸素を除去してくれる上にま必要に応じて体内でビタミンAに代わるそうです。

干し柿は甘柿よりもビタミンAが豊富そしてビタミンAに体内で変わるβ-カロテン

ビタミンAは粘膜を強くする働きがあり体の抵抗力を強くするので、お肌の乾燥が気になる女性や風邪予防に高い効果を発揮するようです。

干すことで食物繊維が豊富になり整腸作用に効果大!

お腹が張って痛い

甘柿を干すことで、水分が抜け、食物繊維の含有量が高くなります。干し柿に含まれる不溶性食物繊維は便秘の予防や改善に役立ち、水溶性食物繊維は、コレステロールを吸収して一緒に排出してくれます。

便秘がちな女性や子供さんには一日一個の干し柿はお腹の調子を整えるのに食べてほしいおやつでしょう。

子供が切れ痔で痛がる!便秘を解消しないと塗り薬も効かないんですよ

2014.12.27

体に良い干し柿も食べ方の注意点はあるのです。

干し柿にはタンニンも多く含まれています。

このタンニンは整腸作用があるため下痢の改善にも役立つのです。

つまり便秘予防に役立つ干し柿も、食べ過ぎると出るものも出なくなってしまう可能性があるようですね。

またこのタンニンは鉄分の吸収を妨げますから、貧血の方は食前食後に食べるのは控えたほうがいいですね。

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、食物繊維摂取量の目標値を18歳以上の女性は17g以上、男性は19g以上としています。

通常の大きさの干し柿に一個に含まれる食物繊維は約4.9gほど

食物繊維を干し柿だけで摂取しようとすると、カロリー過多になってしまいますので、残りの食物繊維を通常の食事で摂取するようにすると良いでしょう。

健康管理に気を遣う受験シーズンを乗り切るおやつにどうぞ

干し柿の豊かな栄養で風邪を予防し、食物繊維でお腹の調子を整え、糖分で脳に栄養を与えてくださいね。

渋柿の実も皮も美味しくする渋抜きの方法で風邪の予防に食べてます

2014.11.14

スポンサードリンク