羊が一匹羊が二匹!最後まで有線放送を聞いても眠れないのはなぜ?

羊の小物

有線放送では面白い放送があるもので、般若心経が24時間流れている放送を真夜中に聞いたときには、かなり怖かったですが、

羊をただただ、一定のリズムで男性が数える放送も初めて聴いたときには、かなり驚くものです。

しかし、この放送を聞いていると眠ることが出来なくなるのは何故なんでしょうかね?

スポンサードリンク

都市伝説まででた羊を数える有線放送

牧場の羊
「羊の数」というタイトルで24時間流れています。

優しいBGMの流れる中、男性の低い声で、「羊が一匹・・・羊が二匹・・・」と、非常に淡々と羊を1001匹まで数えます。

これ最初に聞いたときに、1001匹まで、休憩なしに収録したの?でした。

羊の数にある都市伝説

声の調子も間もまったく変わらない男性の声ゆったりとした声で眠りを誘われそうなのに、眠れなくなってしまうのは、どうしても最後まで聴いてみたいからなんですよね。

この「羊の数」には都市伝説があり、ずっと聴きつづけていると、女性の怒った声で、「いつまで起きてるの?」が聞こえるなどと、それらしい都市伝説があるのですが、

実際は、1001匹まで数え終わると、「羊が・・・・・まだ、起きてるの?

その後・・・もう一回・・・頭から聞く?」で終わります。

でも、もしかすると、何らかの周波異常で

「いつまで起きてるの?」が聴こえるかもしれません。

そんな声を聴いた日から、怖くって眠れなくなることは確実でしょう。

【CD】羊の数だけ抱きしめて/キートン山田 [USM-23] キートンヤマダ

羊を一匹ずつ数えると本当に眠れるのか?

女性の寝顔

眠れない夜に羊を数えて、どんどん目が覚めてしまった過去があります。

数え方が悪いのか?

羊の想像の仕方が悪いのか?

いろんな理由を考えてみましたが、私にはこの睡眠方法が、合わないだけだったのかもしれません。

それにしても、なぜ羊を数えると眠れると言われているのでしょうか?

「羊を数える」単純な繰り返しはによって退屈を感じだします。

単純作業をすると脳は落ち着かせる作用のあるアルファー波を出し、ボーッとしてくることで眠くなるようです。

でも羊を数えると眠れなくって、反対に目が覚めてしまったと聞くことが多いのですが、いったいなぜなんでしょうか?

眠るために羊を数えだしたのはなぜなのか?

「眠れないときに羊を数える」という考えはイギリスが発生の地だそうです。

英語で羊はsheep(シープ)

眠れなかった英国人が「眠れ・・・眠れ・・・」と自分自身に言い聞かせたのが始まりだそうで、

英語で眠るはsleep(スリープ)

sleep・・・sleep・・・sleep・・・と

つぶやいていうちに、だんだんと眠くなってきて、ろれつが段々とまわらなくなり

sheep・・・sheep・・・sheep・・・と

なったようです。

単調な言葉を繰り返すことで、自己催眠状態になり眠くなるのです。

でも、日本語で羊が一匹・・・羊が二匹・・・なんて数えていたら、ろれつがまわらくどころか、どんどんと言葉がハッキリしてきて目が覚めてきてしまいそうです。

日本語で羊を必死に数えていても効果は期待できそうにもないようです。

羊を必死にに思い浮かべるよりも、もっと雄大なものを思い浮かべてみる

羊をしっかりとイメージ出来ない日本人が羊を頭に思い浮かべようとすれば、それだけで目が覚めてしまいます。

眠くなるためには海や空、草原などゆったりとした風景を思い浮かべる方がリラックスできるそうです。

草原でのんびりと草を食んでいる羊を思い浮かべれば、最高な睡眠が得られるかもしれません。

それでも眠れないなら休息サプリメントも試してみる

羊を数えても眠れない

雄大な景色を思い浮かべても、不安なことしか思い浮かばない

とにかく、なにをしてでもいいから、体をしっかり休めたい

でも、病院で薬を処方してもらうのには抵抗がある

そんな時には、副作用などを気にせず安心して飲めるサプリメントを試してみてください。

ゆっくり体を休めることができれば、頭もしっかり働いて、もっとたくさんのことにチャレンジできるかもしれませんよ!

>>>夜ぐっすり、朝スッキリを体験してみる

スポンサードリンク