大学生初めての一人暮らしは生活費を工夫する良いきっかけです

大学生活

希望の大学に入学が決まり、初めての一人暮らしをスタートさせる方も多いでしょう。

住む場所や一人暮らしの道具が揃い、親元を離れて羽が伸ばせると、喜んでいるお子さん。

初めて親元から離れ一人で暮らすお子さんの心配と家計が心配な親。

親子で思いは違っても、親も子も気になるのは大学生の一人暮らしの生活費ですね。

スポンサードリンク

一人暮らしの大学生の平均支出!食費を切り詰めるしかないのか

楽しい一人暮らし
(独)日本学生支援機構の
「平成24年度学生生活調査について」で、
現在の大学生にかかるお金が見えてきます。

一人暮らしの大学生の年間平均支出額

下宿・アパート・その他・・・2,185,100円

支出額の内訳

 学費・・・1,090,100円

 生活費・・・1,095,000円

生活費を12か月計算すると、一月当たりの平均金額は約9万円

となるようですが、まず9万円で生活できるのでしょうか?

家賃も込みで9万となると、まず切り詰める場所は食費と家賃です。

大学生活を楽しむためには親からの仕送りだけでは難しいお金の事情

大学生への親からの仕送りの額も親としては気になるところです。

4万円から10万円以上と各家庭の事情によって、仕送りの額はかなり差がありますが、毎月の家賃と合わせて平均で9万5千円ほどだそうです。

仕送りのお金で大学生は生活をできるのでしょうか。

家賃と光熱費を合わせて金額が、4万~5万円で支出を抑えることが出来れば、ギリギリ生活ができるかもしれません。

しかし、首都圏で暮らす大学生の場合、そんな格安の家賃で暮らせる場所は、ほぼないと言っていいでしょう。

首都圏に住む大学生の家賃平均は、共益費と合わせて、平均5万~6万円。

セキュリティのしっかりしたマンションなど、こだわって部屋を決めると7万円を超えることもあります。

親からの平均仕送り金9万5千円から、平均家賃の6万円を差し引きすると残る金額は3万5千円。

携帯代や日用品代・食費・娯楽費・保健衛生費・光熱費などの生活費を3万5千円でやりくりするのは、かなり厳しいですね。

大学生が親の仕送り以外の収入源はアルバイトと奨学金です

親からの仕送りだけでは足りないとなれば、生活をするための収入を得なくてはいけません。

大学生がお金を得る方法

●アルバイト

大学生の講義や試験日程で、シフトを組むことが出来るアルバイト多く、飲食店などのバイトの賄い食で食費を浮かせている学生もいるほどです。

アルバイトに夢中になり過ぎて、学業が疎かになり留年してしまう大学生の話も、時々聞きますので注意をしてほしいものです。

●奨学金

奨学金と言えば日本学生支援機構がありますこの奨学金は貸与型ですので、大学卒業後には返済をしなくては行けません。

大学独自の奨学金や各団体の奨学金もあります。

こちらは返済の必要のない給費型の採用枠を設けている大学もあり、日本学生支援機構の奨学金との併用可能なものもあるようですから、大学のHPや案内などしっかり確認をして申し込みをしてください。

年度の初めに奨学金の一覧表が渡されるでしょうから、自分がどの制度を使えるかをしっかり把握しておきましょう

初めての一人暮らしだからこそ、こまめに支出を抑えることが大事

毎月一定の金額で出ていく支出以外に、大学生活では、サークル活動や友人との付き合いで思わぬ支出もでてきます。

あらかじめ、毎月の支出をわけ、他に出ていくであろう金額を別に分けておくようにすることが大事です。

初めての一人暮らしは食費に思ったよりお金をかけてしまいがちです。

出来るだけ早く、安く食材を購入する方法を見つけ、最後まで食材を使い切ることを覚えるのが、健康的な大学生活を続けるためには必要な事です。

夕方になると生鮮食品は値段が安くなりますし、賞味期限近くの値引き商品を購入し、上手に使い切るのもコツです。

そして一番のコツは、お腹が空いた状態で買い物に行かない事です。

空腹のまま買い物に行くと、必要以上のものを買ってしまいますから注意してください。

節約の癖は社会人になる前に身につけましょう。

社会人になってから初めての一人暮らしを始めると、なかなか時間がとれず、つい外食が多くなる傾向があるようです。

大学生の時間がある時代に、生活費を工夫することを覚えてしまえば、後々役に立つでしょう。

大学受験後、一人暮らしを始めるまで、あまり時間がないかもしれませんが、親から買い物の方法や料理など習っておくのが良いですよ。

一人暮らしの引っ越し業者選びは予算重視ですよね

初めての一人暮らしで最低限の荷物を実家から運び出す学生さんでも、宅急便で荷物を送るよりお値打ちになる可能性もあります。

引越しの後は意外な出費も多いもの、一人暮らしでも業者選びはしっかりしておくべきです。

私も一人暮らしの子供の引っ越し見積もりで、業者によってかなり金額が違うことに驚きましたからね

簡単引越し見積もりはコチラ

一人暮らしでインフルエンザ、おすすめの食事と水分補給の話

2015.01.15

スポンサードリンク