昼食後の昼寝は太るは嘘!美容のためはに眠る時間が重要です

悩みが解決した女性

私は子供のころから昼食を食べ終わると、眠くって眠くってたまりません

どこで食事をしていても、眠くなってしまうものですから

学生時代は午後の授業は頭に入らず

社会人になれば午後からの仕事ははかどりません。

最近では、ママ友達とのとランチ中にも意識がどこかに行ってしまうほど眠いのです。

まあ、ここまで眠いと、どこか病気を疑わなければいけないようですが、現在はどこも異常はありません。

お昼寝は午後からの作業効率を上げるために必要なことは世界中でも知られている事ですが、どのくらい眠れば体にいのか?

眠ることで太りやすくなる噂などについて調べてみました

スポンサードリンク

女性の美を保つために昼寝はかなり大事なこと

このお昼寝、実は女性にとって大事なお肌の調子を整えるためにも大事な時間のようです。

女性の美容に欠かせない成長ホルモン

日中、紫外線で傷を負った肌を修復させるためにはとっても大切な働きをするのですが、このホルモンは眠ることで脳から分泌されるそうなんです。

お昼寝がシワやタルミを防ぎ、お肌のハリに重要な役割を持っているとなれば、女性としてはどんなに忙しくても昼寝の時間は確保したくなるものです

シワを防ぐなら程よい時間で終わらせるのが良い

お昼寝がシワやタルミを防ぐのにいいとはいっても、どう眠ればいいか重要なポイントがあります。

美肌効果を考えて眠る最適なお昼寝の長さは、

約15分~20分程度の時間

日中の眠りで体が回復する能力は通常の眠りの約3倍!!ということは、20分のお昼寝は通常の睡眠時間にすると約1時間になります。

では、どうして昼寝の時間が長くてはダメなのでしょうか?

お肌に効果があるホルモンが眠ることで出るのであれば、長く眠れば眠るほど肌はプルプルになりそうな気がするんですけどね?

眠る時間が長いとダイエットにならない

日向でのんびりする女性

お昼寝の時間が10~20分程度なら体の代謝に欠かせない「ノルアドレナリン」が活発になります。

ただ眠りすぎてしまうと、ノルアドレナリンの分泌量が減ってしまい反対に効果が期待できなくなるのです。

美肌やダイエットを目的とする美容効果の高いお昼寝は、昼食後10~20分の眠りでOK

それ以上は無駄な時間というわけですね。

では、どうしても眠気が覚めないタイプの人間はどうしたらいいのしょうか?

お昼寝が長くなってしまう場合の4つの対策

つい、お昼寝の時間が長くなってしまうのが1~2回なら問題はありませんが、毎日ぐっすりと眠らないと調子が出ない人の場合はどうしたらいいのでしょうか?

このような場合は、どうにかして眠りから現実に戻ってくる方法を試すしかありません。

1・横になって眠らない

ソファやベッドで完全に横になって眠ると寝すぎてしまうので、座ったまま眠るようにする

2・お昼寝の前にカフェイン飲料を飲む

お昼寝の前にコーヒーや緑茶などカフェインの入った飲み物を飲んでおく

3・めざましを使う

目覚めたい時間にセットして、眠くても起きる

4・体を動かす

時間がきて起きたものの、つい2度寝を防ぐため軽い体操や背伸びをする

これらの4つの方法を試しても目が覚めない場合は、お昼寝の前に

「○○分お昼寝したら、元気に起きます」と3回言ってから昼寝をしましょう。

ちょっとした自己暗示ですが、効果があった話も聞きますから寝すぎを防ぐ方法の一つとして覚えておくといいですよ。

更年期で太るのが止まらない!睡眠不足と昼寝の長さも原因ですか?

2015.02.05

スポンサードリンク