引越しの挨拶回り。粗品は日用品で誰もが必要なものを選びました

片付かない荷物

春は引っ越しのシーズンですね。息子は一人暮らしで5年前に引っ越しをし、私は3年前に引っ越しをしました。

引越し業者を選んで沢山の手続きに追われますが、忘れてはいけないのは引越しのご挨拶。

住む場所や地域によっては、決まりごとのようなものもあるようです。

そこを、うっかり忘れて勝手にご近所のご挨拶をしてしまい、嫌われたりしないようにしましょう。

スポンサードリンク

引っ越しの挨拶回りは大切なマナー

喜び合う2人
最近では、ご近所づきあいが少なくなり、引越しのご挨拶回りに抵抗を感じる人もいらっしゃいます。

ですが、これから住む場所で、隣近所との付き合いをスムーズにするためには、引越しの挨拶をしておくことをお勧めします。

また、ご近所さんへの挨拶以外では、大家さん、管理人さんへのご挨拶も忘れないようにしたいものです。

物件オーナーさんによっては、直接のご挨拶をお断りされている方もいらっしゃいますので、仲介に入った不動産屋に、大家さんへのご挨拶をどうしたらいいかをご相談されるといいですよ。

引越しのご挨拶は迷惑にならない時間帯

引越しの挨拶で、忙しい時間帯に来てくださるのは、ちょっと迷惑なんですよね。

そうはいっても、お仕事をされている方ですと、そんな時間しか都合がつかないのかもしれませんが、できるだけ、相手のご迷惑にならない時間帯で、引越しのご挨拶はしましょう。

引越し挨拶に適した時間

*午前11時前後・午後2時~4時くらいまで

最近では共働きのご家庭も増えていますので、平日の訪問は難しいかもしれません。

引越し当日のご挨拶は、何かと気忙しく無理なことも多いのでしょうから、引越しから1週間以内を目安にご挨拶をするようにしましょう。

引越し挨拶に訪問する時間帯は、基本的に11時前後か、14時~16時頃がよいでしょう。

一般的な食事時と早朝や深夜、また、できれば土日祝の午前中を避けます。

平日の都合で上記の時間帯に伺えない場合は、近い週末の14時~16時頃に訪問するとよいでしょう。

どちらも遅くても1週間以内を目安に渡すようにしましょう。

不在のときや時間帯が合わないときの挨拶のしかた

引越しの挨拶に伺っても、なかなか会えない方もいらっしゃいます。

そんな時には、引っ越しの挨拶品に、簡単な挨拶状を添えて、新聞受けや郵便ポストに入れておけば大丈夫です

引越し挨拶品の金額や品物の選び方

引越しの挨拶品は500円から1000円くらいの物です。

ネットや贈答品コーナーを調べると、引越し挨拶品として人気があるのは、

●タオル

●洗剤(洗濯・食器)

●お茶

●クッキー

●入浴剤

●ラップ類

などの定番品が多いものですが、私はこの挨拶品の中で、いただいても、あまりうれしくないものがあります。

タオルは、なぜか増えてしまい使わず溜まってしまいます

洗剤類や入浴剤は自宅で使っていないものや、匂いなどの問題で使えないものが多いのです。

今までいただいて嬉しかった挨拶品

私も引っ越しの時には、今までいただいて嬉しかったものを新居の挨拶回りの品として用意しました。

それは、ゴミ袋のセットです。

ゴミの分別化が当たり前になって、お住まいの場所によっては、指定ゴミ袋以外は使えない地域が増えています。

そこで、容量の少ないタイプの指定ゴミ袋をセットにして引越しの挨拶品にさせていただきました。

引越しの粗品にゴミ袋?と思われるかもしれませんが、最近では工事現場の挨拶などでもいただくことが多くなっている事を考えると、定番の粗品になってきているかもしれませんね。

ホームセンターやドラッグストアでは、ゴミ袋をセットにして、引越し挨拶用ののしをお願いしますと言えば、「御挨拶」の熨斗をつけてくれますよ。

一人暮らしの引っ越し御挨拶はどうする?

子供が初めての一人暮らしを始めるときご近所の挨拶回りどうしたらいいか迷いますよね。

最近では防犯上、あえてご挨拶をされないのが普通になっています。

こちらも住む地域によってや、アパートかマンションか、一軒家の賃貸かと住む形によっても挨拶をされていた方が良い場合もあります。

どうしても、気になる場合は不動産屋さんや大家さんに聞くのが一番!

よほどご近所付き合いが濃厚な地域以外でしたら、どちらでも構わないと言われることの方が多くなっています。

最初の御挨拶は町内の組長さんにしておく

私が暮らしている町は、今でも町内会のつながりはしっかりあります。

最初のご近所付き合いにつまずくと、なかなか大変な地域は今でも沢山あります。

引越し後、ご近所に挨拶に回る前には町内会の組長さんなど、世話役さんにご挨拶をするのがベストです。

私が以前住んでいた地区は、町内の組長さんと一緒に、同じ組のご家庭を引越しの品を持って御挨拶に行くのが習わしでした。

最初は面倒と思っていましたが、誰も知った人がいない土地で、ご近所周りをしていただけたのは心強かったですね。

ご近所付き合いもそうですが何事も最初が肝心です

引越しの挨拶が億劫な方が多いと思いますが、ほんの少しの時間と気持ちで、これからの生活が気楽になるものです。

引越しの御挨拶はお付き合いの第一歩ですので、気持ちよく挨拶回りをしましょう。

スポンサードリンク