花火大会の浴衣姿に役立つ持ち物と、女性が気になる浴衣の下着と補正

花火大会

夏の花火大会に浴衣を着て、いつもと違う雰囲気を楽しむ女性は多いものですよね。

彼とのデートにも気合が入りますが、女友達全員で浴衣でお出かけも、女子としては気合が入るところです。

私の住む愛知県三河地方も夏はあちこちで花火大会やお祭りがありますが、帰りの電車の中は、浴衣が着崩れてる若い女性をよく見かけます。

行きは良くても、帰りは残念な浴衣姿にならないために、私が娘に持たせていたものと、浴衣を着せるときに準備したもの、気をつけていた事をご紹介します

スポンサードリンク

浴衣を着付けるときに肌着は必需品です

夏祭りや花火大会、真夏の暑い中に普段着なれない浴衣を着るのを決めたものの、できるだけ涼しく浴衣を着たいためなのか、最低限の下着姿の上に浴衣を着ている若い女性を見かけることがあります。

肌着をつけ下着のラインを見せない事が浴衣美人の第一歩です

色が濃い浴衣なら、ギリギリセーフでしょうが、地色の薄い浴衣の場合、下着のラインが見えてしまう可能性が大きいです

意外と浴衣の中は汗をかいてしまうものです。浴衣の下に肌着を一枚着ることで、汗を吸ってくれますし、浴衣や帯の痛みを防いでくれ、下着のラインを気にしなくってすみます

これから毎年和装を楽しみたい方なら、浴衣用のスリップや和装下着の購入をおすすめします。

レビュー投稿でメール便送料無料!!ワンピース式の浴衣 和装 ( ゆかた )用 肌襦袢 下着 肌着 ス…

でも、浴衣のために下着をわざわざ購入するのももったいない時は、普段着ているキャミソール(機能性インナーがおススメ)にベージュや白のステテコを組み合わせれば大丈夫です

浴衣の帯の上に乗った胸と襟元が崩れてしまう原因

盆踊り

いつもと同じワイヤーやパット入りのブラジャーをしている方や、胸の大きな女性が、帯の上に胸が乗ってしまった姿もよく見かけますよね。

帯の上に胸が乗っている浴衣姿は、実年齢よりも老けて見えやすいので、浴衣とはいえ最低限の補正は必要になってきます。

胸のあまり大きくない女性なら、ノンワイヤーのブラジャーのパットを外せばOK

胸の大きな女性は、できる事なら胸の形をなだらかにしてくれる、和装用のブラジャーがいいのですが、なければスポーツブラを準備しましょう。

和装ブラ 和装 ブラジャー あす楽 着付け 小物 補正 補整■あす楽 和装ブラジャー 和装ブラ 衿…

胸との段差をなくすためと、着くずれを防ぐために胸の大きな女性も、あまり大きくない女性も、腰薄手のタオルを一枚巻いておきましょう。

この一枚のタオルが、帯をきゅっと締めても「おはしょり」にギャザーが寄らないので、すっとした浴衣姿を作ってくれます

襟元を崩さないためには襟合わせの位置に注意すべし!

胸がはだけにくいように、深く襟合わせをしすぎるのも、着くずれの原因の一つです。

右、左、どちらの襟合わせも、胸に完全にかぶせるように着つけるのではなく、乳首の上をかぶせるよに着つければ、襟元が崩れにくのです。

浴衣を着たときに絶対に持っていたい9個のアイテム

浴衣の時の持ち物は巾着に入れて持ち歩くため、いつもよりコンパクトにしないといけません。

そこで、これだけは絶対に持っていったほうがいいものを9個選んでみました。

タオルハンカチ2枚

着崩れたときの応急処置として、一枚を浴衣と帯の間にはさむ前側にはさんでもいいが、手伝ってくれる人がいるのなら、
後ろにタオルハンカチを入れるほうがいいです。

安全ピン

どうしても着くずれが治せなくって、胸元が広がってしまう時は、安全ピンで応急処置をしましょう。

手ぬぐい

食事をするときに、帯に挟み込んでおけば、うっかり食べこぼしも気にしなくって済みます。

扇子

うちわよりも手荷物がコンパクトになりますね。暑い時は脇や首元をあおぐと涼しくなります。

ウェットティッシュ

夏祭りは屋台も楽しみの一つですが、手が汚れてしまっても洗えないですよね。ウェットティッシュがあれば、さっと綺麗にできます。

メイク用品

口紅・あぶらとり紙・ファンデーション・小さな鏡は必需品ですね。

携帯電話

写真を撮ったり、一緒にいた人とはぐれたときに連絡を取り合うための必需品ですね帯板の中に入れて持ち歩くと便利です

お財布

長財布は巾着に入れて持ち歩くのには大きすぎますから、2つ折財布や小さながまぐち財布に必要な金額だけ入れましょう。

絆創膏

履きなれない下駄や草履の鼻緒で足が擦れてしまい痛くなった時に必要です。4~8枚は準備したいものです。

花火大会には、こんなものもあれば便利なアイテム

夏祭り

ビニール袋

ゴミがでたら手に持って歩くより、さっとビニール袋に入れ持ち歩きましょう。

虫よけスプレー

浴衣を着つける前にシュッとしておけばいいのですが、お昼から夜まで出かけている時は、効果がきれて蚊に刺されるかもしれません。そんな時には携帯用虫よけスプレーを持っていきましょう。

晴れ雨兼用傘

ちょっと荷物になるかもしれませんが、天気予報が、晴れのち雨の予報なら、日傘としても雨傘としても使える、晴れ雨兼用傘を一本用意しておくといいですね

冷却シート

暑さに弱い人や、汗が気になる人は、着付けのときに冷却シートを、二の腕に貼っておくと、暑さ対策になります。

ただし、腕を思いっきりあげると、冷却シートが見えてしまいますから、おしとやかにしないといけませんよ。

汗ふきシート

便利なグッズですが、パウダー成分が浴衣につくのが気になる人は、汗ふきシートより、タオルハンカチやガーゼハンカチを水で濡らし、固く絞ったものの方が使いやすいでしょう

美しさのためには立ち居振る舞いも大事です。

着くずれしないように着付けても、いつもと同じ立ち居振る舞いでは、残念なことになってしまいます。

足を大きく開いて歩くのも、歩きなれないからと妙に小さな歩幅も見た目が良くありません。

暑いからといって、甚平を着ている子供の用に腕まくりするのも残念な姿です。

せっかく、いつもと雰囲気を変えてお出かけを楽しみたのなら、おしとやかに一日過ごしてみましょう。

暑くなると顔が真っ赤。冷え性が原因?肌質の問題?どう改善する?

2016.05.22

スポンサードリンク