鼻の中のニキビはかむのも痛い!できた原因と地味な治し方

鼻をほじほじする小さな子供

8月になって夏風邪のためダウンしてしまいました。

熱が下がるのと同時にくしゃみと鼻水に悩まされ、まるで花粉症の季節に戻ったのようなティッシュの山

かんでもかんで止まらない鼻水ですけど、先週は鼻水が出てきてもかむことが出来なくなりました。

原因は鼻の中がポ~ンと膨れ上がり、鼻を外からそっと触れるだけでも痛い鼻ニキビが原因

痛いのに鼻の穴をちょっとだけ広げようとしたら、なんだか鼻の中のニキビがメキメキ音を立てたような・・・

膿でも出るかと思いましたが、さらに痛みが酷くなっただけでした。

スポンサードリンク

鼻をほじりすぎるから痛い思いをする

まあ、鼻の中にニキビができたのは今回が初めてではありませんけど、いつできても痛い事には変わりがありません。

他の場所にできるニキビと違って、笑ったりして、ちょっとでも鼻の穴が広がれば、痛くて仕方がないのは大変困るんです。

それにしても、なぜ鼻の中にニキビができるのでしょうか?

調べてみると、一番の原因は

鼻をほじる

伸びた爪や、汚れた指先で鼻の中をほじほじすると、鼻の粘膜が傷つき炎症し、そこに雑菌が入り込むことで、ニキビになってしまう。

鼻毛を抜いた

鼻毛を抜くと、ぽっかりと空いた場所に雑菌が入り込み、そこが炎症を起こし、ニキビになる。

鼻炎で鼻をかむ回数が増える

鼻炎になると、鼻づまりや、鼻水、くしゃみが増え、何度も鼻をかんだり、鼻をくしゅくしゅと頻繁に触ったりと、外側からしつこく刺激をすることで、鼻の中の柔らかい粘膜が傷つき炎症しニキビになる。

ウィルスや細菌感染を繰り返し、鼻の中が炎症してしまうのも原因みたいですよ。

鼻血がでるまで「しつこく」鼻を触る事が原因

鼻をほじほじする男性

私は鼻毛を抜くことはしたことがないし、鼻をほじるのは・・・ちょっとはあるかもしれないけど、爪は長くしていないし、粘膜を傷つけるまで中をほじることもしていないはず。

今回も夏風邪がきっかけだったし、花粉症で鼻炎が酷い時に鼻の中のニキビができやすいから、原因は鼻炎ってとこでしょうね。

鼻が詰まっても、水っぱなでも、何度も鼻をかむし、鼻の中がムズムズしてると、鼻の外側からかなりの力で鼻をクシュクシュと抑えるものだから、粘膜が傷ついて鼻血が出るなんてしょっちゅうなんです。

間違いなく、この行動は鼻の粘膜を傷つけ、そこに雑菌が入り込んで鼻の中がパンパンに腫れあがってしまうのでしょうね。

腫れて痛みがあるのに治し方は地味です

体の表面に見えていいるニキビと違って、どうなっているか自分の目で確認できないのが、このニキビの厄介なところなんです。

まあ、寝返りをうった瞬間でさえも痛みが出るようなら、皮膚科や耳鼻科で症状にあわせ抗生剤、消炎剤、鎮痛剤などを処方してもらうのが一番いい方法なんです

でも、一般家庭なら置き薬としてある「オロナイン」で治すこともできるんです

なかなか地味な鼻の中の治し方

1:オロナインと綿棒を用意する

2:洗顔をして鼻の周囲を清潔にする

3:綿棒に適量のオロナインを取り。一日2回、鼻ニキビにそっと薄く塗る

以上です。

これを暫く繰り返せば治るんですけど、鼻水が止まらない時にはどうしても鼻をかんでしまうので、なかなか鼻の中の炎症が止まりません

1~2日ほど鼻水が流れっぱなしでも気にせず、ティッシュで流れ落ちた鼻水だけをぬぐっていれば、だんだんと赤身も引いてきます

風邪の症状の一つなら、このころには体も回復しているでしょうから、鼻水も気にならなくなるはずです。

鼻の中のニキビを出来るだけ作らない方法

鼻炎による鼻の中のニキビは、鼻炎を治すこと。

鼻毛を抜くのを止めて、鼻毛カッターや鼻毛ハサミを使うこと。

鼻をほじらない事。

この中で、人が無意識のうちにやってしまいそうなのは、「鼻ほじり」でしょうね。

小さな子供なんか見ていると、遊んでいる時や、眠っている時にでも、無意識にほじほじしていることもあるから大人でも癖が治っていない人もいるんじゃないでしょうか。

とにかく不潔な指で触らない事、刺激を与え続けない事。

鼻の中が腫れている時は、気をつけるんですけどね。

毎年、花粉が舞う季節になると、狂ったように鼻を掻き毟る癖をどうにかしないと、あの世に行くまで鼻の中のニキビは繰り返すでしょうね

スポンサードリンク