生理前の肌荒れ!更年期は乾燥と痒みで肌のヒリヒリが止まらない

頬に手を当てる女性

生理前になると肌にトラブルが出て困っていませんか?

私は40代半ばまでは、吹き出物がぽつぽつ、おでこと顎のあたりだけ肌がガサガサ

50代に突入したころから、吹き出物はめったにでなくなりましたが、肌の痒みと乾燥がひどくなりました。

いつもと同じスキンケアでは肌がヒリヒリします。

ときには夕方にもなると、笑うたびに頬のあたりがピキピキと音が出るんじゃないこと思うぐらい乾燥することもありました。

これって私がもともと乾燥肌だからですか?

それとも更年期特有の肌トラブルですか?

スポンサードリンク

美肌ホルモンの減少が原因で起きる肌のトラブル

吹き出物が気になる女性

月経前症候群(PMS)の症状でもある、生理前の吹き出物やニキビなどの肌トラブル

原因は別名「美肌ホルモン」と呼ばれる卵胞ホルモン「エストロゲン」が減少し、黄体ホルモン「プロゲステロン」の分泌量が増えるためだそうです。

  • エストロゲンは、生理の終わりから排卵直前までは分泌量が増えます。
  • プロゲステロンは、排卵後から生理が始まる前まで分泌量が増えます。

この2つの女性ホルモンが生理周期に合わせて分泌量が変化するのですが、肌の調子もこの2つのホルモンと大きく関係してきます。

「プロゲステロン」が多い時には、皮脂の分泌量を増加するため、吹き出物やニキビができやすくなり

「エストロゲン」が多い時には、肌にハリやツヤがでて美肌をキープできやすくなる

生理周期に合わせて肌の調子がコロコロと変わる経験したことがある女性は、きっと私だけではないはずです。

更年期、生理前の肌のかゆみや乾燥って普通のことですか?

では、皮脂の分泌量が増えているはずの生理前に、更年期になると肌の乾燥がひどくなり、肌が痒くってしかたがない状態になってしまうのでしょうか?

卵胞ホルモン「エストロゲン」には、私たち女性の体にこんな働きをしてくれます。

  • 女性らしい丸みのある体をつくる
  • 肌のバリア機能を高める
  • 肌に潤いを与える
  • 骨を丈夫にする
  • 自律神経を整える

肌のハリや潤いをキープするために必要な「エストロゲン」は、更年期に入るとガクンと減少しだします。

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで、真皮層のコラーゲンも減少していき肌に潤いがなくなってしまっています。

肌のバリア機能も衰えてしまうため、肌はちょっとしたことで乾燥したり痒みが出たりと敏感肌になりやすくなるのです。

皮脂の分泌量が増える生理前でも、エストロゲンの減少が止まらない更年期の体では肌は乾燥しやすいままです

肌のバリアが乱れることで痒みもでてしまうのでしょう。

更年期の体は生理前でなくても肌の痒みや乾燥が酷くなっているのに、生理前になるとさらに顔は乾燥してピキピキしてしまうのです。

スポンサードリンク

閉経間近?!肌の乾燥が進み、潤いを取り戻すのは難しい

私が生理前の肌の乾燥や痒みが酷くなってきたのは、昨年の12月ころからです。

もともと乾燥肌&敏感肌でしたが、生理が始まればそれなりに潤いを取り戻せたのです。

でも、2~3か月に一回、生理を忘れたころに「ほんの少し」だけくるようになったころから、生理が始まっても乾燥してバリバリになった肌は元に戻りません。

更年期によるエストロゲンの減少と月経周期によるホルモンバランスの乱れ

そして加齢による肌のターンオーバーの乱れが重なり合ったことで、50代の私の肌はさらに乾燥肌がすすみ、さらに敏感肌になってしまいまったようです。

更年期の生理前の肌トラブル、おすすめの5つの対策

ケフィアヨーグルト

自宅で手作りケフィアヨーグルト

更年期に入ると、生理が始まってもなかなかお肌はもとにはもどっていきません。

では、どんな対策をすれば、更年期の生理前の肌トラブルを治すことができるのでしょうか?

私が実践してみたのは、この5つです。

  1. エストロゲンが増える食生活やサプリメント
  2. コラーゲンを摂る
  3. しっかりとした睡眠
  4. 肌トラブルに対応したスキンケア
  5. バランスの良い食生活
  6. 紫外線対策

エストロゲンによく似た働きをする大豆イソフラボンを摂るため、更年期対策にエクオールのサプリメントを飲んでみました。

50代の生理、もうそろそろPMSや生理痛から解放されたい

2016.11.29

人に会う予定が入るときには、コラーゲンドリンクにも頼りました

天使のララを口コミレビュー!更年期の乾燥肌に効果はあるの?

2016.09.18

どんなに眠くなくても、0時前には布団の中に入って体を休めました。

美肌に効果があると噂の白きくらげも食べてみました(途中で飽きてしまって失敗です・・・)

乾燥の季節!粉ふき肌と喘息予防に白きくらげで体を潤してみる

2016.10.18

乾燥による痒みと炎症を起こしてしまった肌には、炎症肌に優しく保湿力が高いスキンケアに変えました。

乾燥肌のかゆみ対策!高保湿クリーム「ロべクチン」で潤い肌を取り戻せ

2016.04.05

美肌効果があると話題のケフィア豆乳ヨーグルトを毎日食べています。

>>>手作りケフィアヨーグルトの種菌はこちら

真冬だって日焼け止めをしっかり塗って外出します。

敏感肌の日焼け止め選び!POLAホワイティシモUVの口コミ体験

2016.05.17

花粉症の季節も重なったため、一度ガサガサになってしまった肌がある程度治るまで1か月以上もかかりました。

50代の肌は若い時よりも肌のターンオーバーが遅くなっているため、どんなに頑張っても肌が回復するまで時間がかかってしまいまいます。

若い時とは違って生理が始まっても肌の調子は良くなっていきません。

肌の乾燥が治ったとしても、一度深く刻まれてしまった「小じわ」や「ほうれい線」は、治ってはくれません。

50代、少しでも肌のカサカサが気になりだしたら、早めに対策をとっておかないとだめですね。

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017