五月人形は誰が買うの男の子の初節句。お祝い事は両家で揉めない!

こいのぼり

男の子の初節句に張り切るのは両親よりも両家のおじいちゃん・おばあちゃんかもしれませんね。

可愛い孫のために用意してあげたい

「五月人形」「こいのぼり」

夫の実家?妻の実家?いったい誰が買うのが正しいのでしょうか?

お祝い事の初節句どちらが購入するかで揉めるなんて、大人気ないこと・・・意外とあるのです。

お祝い事でパパやママの胃が痛くならないために、どうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

五月人形の購入は誰が購入するのが正しいの?

愛知県在住の私は、息子の初節句の準備は、すべて夫の実家が準備してくれました。

友人は旦那さんが婿養子だったため、男の子の誕生に、旦那さんの実家からではなく、跡取り孫息子のために、友人の実家がすべて準備しました。

では、全国的にはどうなのでしょうか?

「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句として、家の後継ぎとして生れた男子の無事な成長と一族の繁栄を願う重要な行事として武家の間で盛んに祝われたのです。

武家の様式をもつ端午の節句ですので、女性が男性の家に嫁げば、夫の両親が用意し、男性が婚家に婿養子と入れば、妻の両親が用意する。

昔は、五月人形は嫁ぎ先の両親が揃えるのが一般的だったようです。

それがしだいに、雛人形と同様に、妻の実家が用意するといった形になっていたようです。

破魔弓 は誰が購入するのが正しいの?

破魔弓は一般的には実家の両親が購入するものです。

女性が男性の家に嫁げば、お嫁さんの実家が購入

男性が女性の家に婿入りをすれば、お婿さんの実家が購入

このようになるのですが、結婚した相手の実家が破魔弓の風習がない土地の方ですと、気が付かないことで「世間知らずね」などと言われてしまうかもしれせん。

初節句の準備をする際には、このことも夫婦で確認をしておいた方がいいでしょう。

5月人形の高額お祝いには、両家の実家のお祝い金で購入することもあるでしょう。

ただ、破魔弓を折半で購入することはあまり聞きませんので、実家から贈られるものだと覚えておく方がよいようです。

初節句の準備は住む地域によって考え方が変わります

鎧兜

女の子の初節句に購入する雛人形は、妻の実家が用意するのが習わしです。

これは、全国どこでも同じ習わしなのに、なぜか、男の子の初節句には、夫側、妻側で意見が分かれるようです。

私が暮らす中部地方でも、住む場所によって、夫側、妻側と違います。

妻の実家が用意することが多くなったとはいえ、地域によって、考え方も違うのが、頭を悩ませる原因になっているようです。

・妻の実家が勝手に用意した

・夫の実家が勝手に用意した

それぞれが習わしとして五月人形を用意したことが、常識もなく勝手に用意されたと、言われないためには、お互いの地域の習わしを、最初から確認し、どうするかを決めるのが、大人として大事な事でしょう。

矢印チェック端午の節句の初節句マナー

親の気持ちを押し付けないのなら、お祝い金で贈るのも悪くはない

初節句の用意をせず、お祝い金だけを贈るのは、なんとなく抵抗を感じる方もいるようです。

でも、初節句の準備金として、両家からお祝い金をいただき、ライフスタイルに合わせたものを用意できるのは大変ありがたいものです。最近では、両家が購入費を折半し、鯉のぼり・五月人形を準備されることも多くなりました。

お人形をネットで購入することもできますが、お時間などのご都合が合えば、ご家族全員で、五月人形を見に行くのも、親孝行になるかもしれません

誰が用意するか、こだわらない心も大事です

それぞれの家庭の事情で、用意が思うように出来ない場合もあります。

そんな時に、お相手の家族のことを、常識がないなど言わないことも、大人として大切なマナーです。

柔軟な考え方で可愛いお子さんの健やかな成長をお祝いしてあげてください。

スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015