出雲大社の縁結びで幸せに!お守りは感謝の気持ちで返しましょう

神前式

一度は訪れてみたい縁結びで有名な出雲大社は、素敵な出会いを求めるが訪れる最強のパワースポットですね。

10月には若い女性や、母娘の姿を見ることが多くなるようです。

独身女性だけではなく、独身男性も素敵な縁に恵まれるように一度は訪れたい場所です

スポンサードリンク

出雲大社の縁結びは神在月にパワーが高くなる

1f33921600efa3a8c57f3748d601173a_s

毎年、神在月の10月(出雲地方では「神無月」のことを「神在月」)日本中の神様が出雲大社に集まり、男女の縁結びだけではなく、すべてのご縁を結ぶ「神議り」という神様の会議が行われます。

全国の神様が出雲大社に集合して、さまざまな縁の結びつきや人生諸般の事柄をこの神議りにかけて決めるといわれているのです。

人にはわからないご縁を、神様が総出でお決めになるとなれば、ぜひ訪れたくなるものです。

神在月には

・「神迎祭(かみむかえさい)」

・「神在祭(かみありさい)」

・「縁結大祭(えんむすびたいさい)」

・「神等去出祭(からさでさい)」

これらの神事が行われます。

神迎祭、神在祭と縁結大祭には良縁、福縁を求めて全国から多くの参拝客が訪れます

縁結大祭は、定員制となっているため事前申込みが必要だそうですので、素敵なご縁を願う方なら、旅行も兼ねて出かけてみてください。

神様のおかげで素敵なご縁に恵まれた後、お守りはどうしたらいいの

ミドリのハート

出雲大社の縁結びお守りの効果で、素敵なご縁に巡り合うことが出来たなら、お守りをどうしたらいいか迷いませんか?

縁を授けてくれたお守りを、この先ずっともっていた気もするけど・・・どうするのが一番正しいのでしょうか?

実は「お守り」の効果は約一年だそうです。

お守りは沢山の気にさらされることで、純粋な効力を発揮できなくなるそうです。

ですから、一年ごとにお守りを変えるのが、良い理由なのですが、一年過ぎたからと、すぐに効果がなくなるわけでもありませんので、一応の目安とされるといいでしょう。

合格祈願や安産祈願、縁結びのお守りは、満願を期限として返納されれば大丈夫です。

満願を期限としたお守りは、目的が達成された後も暫くは、見守ってくれるそうですので、急いで返納されなくてもよさそうです。

お守りは近くの神社でもお返しすることができます

出雲大社のお守りを返納したくても遠方でなかなか難しい方も多いはずです。

そんな時には、お焚き上げをされている、お近くの神社へ返されれば大丈夫です。

この時、間違ってもお寺のお守りを神社に返納しないようにご注意ください。

それでも出雲大社にお返ししたい時には、郵送で御返納を受けつてくださるそうです。

お守りをお返しするときには感謝の心が大事です

お守りを返納されるときには、お焚き上げ料として、お守りと同額程度を収めましょう。

お守りの効果があれば、人は感謝をして返納する気持ちを素直に持てるものですが、効果がなかったときは、つい雑にお守りを扱ってしまうこともあるかもしれません。

ですが、どんな時にでも感謝の気持ちを持つ事こそ、新しい出会いのチャンスを増やすとこになるはずですね。

スポンサードリンク