スマホ料金の高さと使いこなせない機能でガラケーを手放せない

ショッピングセンター

先日、昔懐かしいガラケーを引っ張り出し、スマホから契約を切り替えたばかりなのに、ガラケーの生産中止のニュースに焦っています。

2015年4月24日、国内の携帯端末メーカーが独自のOSを搭載する従来型携帯電話「ガラケー」の生産を、2017年以降に中止するそうです。

スポンサードリンク

ガラケーを公衆電話代わりに持っている世代には困った話

田舎で待つ両親

ガラケーが生産中止になっても、今の若い子達には、あまり気にならないニュースかもしれません。

でも、私の親世代70歳以上の方ではどうでしょうか?

私が母に初めて携帯電話を持たせた理由2つあります。

一つ目は、出かけ先で、倒れたり、事故にあったときに、連絡がつきやすくするため。

二つ目は、どんどん姿を消す公衆電話を探すのに、出先で苦労すると聞いたことです。

世の中には、何歳になっても携帯電話の機能をフルに使って、楽しんでいる方もいますが、新しい事をなかなか覚えられない人にとっての携帯電話は、

・電話を受ける

・電話を掛ける

・簡単なメールのやり取り

・時計代わりに使う

他にメモ帳代わり、万歩計代わり、気軽に写真を撮るくらいでしょうか?

必要最低限の機能だけが必要ならガラホの料金設定は高すぎます

電話に少しプラスした機能しかいらない人にとって、スマホの機能は必要なんでしょうかね?ガラホを使えばいいのかと言えばそうじゃない

ガラケーに慣れてしまっている親に、それなら「ガラホ」があるから次はこれにしてとは、簡単にはいえません。

ガラケーにアンドロイドOSが入っている『ガラホ』は、見た目も、使い勝手もガラケーとはあまり変わりはないため、

ガラケーから機種変更しても困ることはないはず

ですが、困るのは料金の高さです。ガラケーの基本使用料に、ほんの少しオプションをつけるくらい

そんなお値打ちな料金でも、、毎月の携帯電話の料金を心配する人にとって、スマホの料金を聞いたら携帯電話を解約してしまいそうです。

使いやすさと手ごろな料金から離れられない

休憩中

スマホは確かに使ってみれば便利でした。

どこでも調べたいことがあれば、すぐに調べられるんですよね。

それでも38%以上の人が、スマホを使っていないそうです。

確かに家庭、職場、朋友など多くの人がスマホを利用している。
しかし、調査結果の数字を見返せば、
約38%の人はまだスマホを所有していないことになる。

「ガラケー終了」の報道を受け、
ネット上では「困る」「続けてほしい」と
いったつぶやきも少なくない。

http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/matome/15/325410/042700020/

格安のスマホもドンドンと登場しだしているので、それを使えばとも言われそうですけど、携帯メールアドレスが付いていないため、フリーメールに登録しないといけないんですよ。

auをずっと使っていた母に、EメールやCメール以外で、メールが使えるようにするため教えるのはかなり大変そうです。

親世代に新しい事を覚えるのも、教えるのも難しそう

とはいえ、ガラケーの電池パックだって、この先どうなるかわからないですよね。

「ガラホ」にすれば、使い勝手は変わらなくっても、毎月の負担は大きくなる

各メーカーが生産を打ち切るのなら、せめて「ガラホ」の料金をもっとどうにかすることが先でしょうにね。

auスマホから中古ガラケーに機種変更!一年で5万円近く節約になる

2015.04.22

スポンサードリンク