振袖のおすすめ防寒対策。暖かくして成人式でゆとりの立ち居振る舞い

振り袖姿の女性

成人女性のほとんどの方は振袖をお召しになるでしょうから、そろそろ小物の準備など最終確認の頃だと思います。

我が家は本日、振袖一式と着付け小物を確認後、美容院に預けてきました。

さて毎年成人式は年末よりも気温が低い日が多く、振り袖姿の女性にとって寒さ対策がかなり重要になってきます。

防寒対策として振袖女性のファーショール姿が多いですけど、式典が行われる会場では外さなくてはいけません。

成人式会場も場所によっては、暖房があまり効かないところもあるようですので、やはり、お着物の中に上手に着込むことが、寒さ対策のポイントになりそうです。

スポンサードリンク

振袖の下は手持ちの防寒肌着で寒さ対策をする

和装小物ショップを覗いてみると、お着物用の防寒肌着は、ちゃんとあるものです。

普段お着物をお召しになる予定がある方なら、こんなセットを持っていると、真冬の着物ライフをを楽しめるでしょうが、成人式以降、お召しになる機会がないのであれば、お手持ちの物を工夫して着るのが一番良いのです。

肌着は後ろ前逆に着てみるのがおすすめ

今でしたら、大抵の方はヒートテックなどの防寒着をお持ちだと思います。

上半身を温かくするコツ

振袖の袖口から下着が見えるのは、ちょっと残念な姿になりますので、半袖から~肘上丈のものを着用してください。

振袖の場合、肌着の後ろ衿抜きをしっかりしておかないといけません。

お手持ちの下着をそのまま着てしまうと、首元から下着がシッカリ見えてしまう可能性が大きいです。できるだけ後ろ首回りのくりが深いものにするか前後逆に着るといいでしょう。

ただ着付けをされる方の腕前によっては、どんなに工夫しても衿を深く抜く振袖では下着が見えてしまう可能性があります。

そのため美容室によっては、最初からヒートテックなどの肌着の着用はお控えくださいと、説明されることもあります。

これでは寒がりの女性にはどうすることもできないかと言えばそうでもありません。

冷えは下半身から!着物姿でも足を温める工夫をしておく

体の冷えは下半身の防寒をしっかりすることが上半身を温めるより効果が高いのです。

振り袖スタイルをしっかりするために、上半身はタオルや綿、ガーゼ類でガッチリ補正されると、そんなに寒さは気にならないのですが、気温が低い成人の日は足元がスースーするのが気になるものです。

下半身を冷えから守る方法

お着物の場合は、上半身はそれなりに暖かくても下半身がスースーとして冷えてしまう方も多いはずです。

ヒートテックなどの保温性のあるハーフパンツを穿く

8分~7分丈のものは、階段の上り下りで、下着が丸見えになってしまいますから、見た目的にやめておいたほうがいいです。

ストッキングの上から足袋を履く

お手持ちのストッキングを足先を少し緩めに履き、足の親指と人差し指の間のストッキングを引き伸ばした後、両指の間に伸ばした部分を挟み込み、その上からストッキングをはきます。

注意点ストッキングのタイプによっては、指の間を無理に伸ばすことにより股下がずり落ちることもあります。

私は、ストッキングの股下がずれた経験から、着物を着るときにはこちらを購入して使っています。

足先の冷えが気になるときには、足袋の中に履くインナーも温かいですよ。

【商品到着後のレビューお約束でメール便送料無料】【ヒート足袋】和装インナー革命!あたたか…

振袖の時だって腕も指先も温めてみる

成人式の会場に行くまでの間、冷たい風が吹く中を歩いて行かなければいけない振り袖姿の女性を駅で見かけることがありますが、寒いのでしょうか腕をギュッと組んでいる女性もいます。

少し背中を前かがみにしながら腕をさすっている姿は、艶やかな振り袖姿の女性は、ちょっとだけ残念にうつります。

着物の袖口からの冷えから守る方法

肌着の下にヒートテックなどの防寒インナーを着用しても、長そでではないので、袖口から冷気が入って寒さを感じやすいものです。そんな時には、アームウォーマーや、ロング手袋で保温しましょう。

贅沢にカシミヤ100%で作られた軽くて肌触りのいいアームウォーマー。上質ニットがひじの上まで…

アームウォーマーや手袋は、式典会場に入場するときには、 ショールと同じように、外してくださいね。

振り袖姿は姿勢も立ち居振る舞いも大事です。

成人式会場の中継を見ていると、寒い中、寒さで首から背中を丸めている若い女性の姿を見かけることがあります。

着物姿は、しゃんとした立ち居振る舞いも重要なポイントです。

寒さで猫背にならないように、寒さ対策はしっかりしておいた方がいいですね。

今年は特に寒い日が続いていますので、成人式もかなり寒くなるかもしれません。せっかくのお式で、風邪などひかないように、暖かくしてお出かけください。

スポンサードリンク