同窓会までに綺麗に痩せたいなら短期集中ダイエットはダメですよ。

ウェスト測定メジャー

数十年ぶりの同窓会。

昔懐かしい顔に会えるのは嬉しいけど、あまりにも学生時代と変わってしまった自分の姿で会うのは辛いものです

久しぶりに会う友達や、昔好きだった人に会うのに、50代らしい立派な体型になった姿で会いたくないと思うのは女心。

そこで、少しでも見た目を若く見せるために、同窓会に向けてダイエットを頑張ってみるんです。

スポンサードリンク

50代、体重は減らないのに増えるのは簡単になった

若いころと違って体の代謝が悪くなってしまった50代

ちょっとやそっとのことで簡単にダイエットが成功できない体になっています。

若い時なら、一日3食のうち1~2食をダイエット食に切り替えれば、1週間ほどで2~3キロ簡単に痩せることはできても、なぜか50代になると体重は落ちていかない。

そして、なかなか減らない体重にダイエットを諦め、普通の食事に戻した途端、体重はあっと言う間に増えてしまい、ものすごく悔しい思いをした人は私だけではないはずです。

50代の体には短期集中ダイエットは難しい

乗るのが怖い体重計

50代女性の体がダイエットに成功しにくいのは、更年期による女性ホルモン「エストロゲン」の減少が原因。

脂肪を燃焼させるのに必要なエストロゲンが減少してしまうことで、ただでさえ年齢と共に代謝が落ちてくる体に拍車がかかり、お腹の周りや背中にたっぷりと脂肪がつきだします。

男性は内臓脂肪を溜めやすく、女性は皮下脂肪を溜めやすい体になっているのに、女性ホルモンの減少によって、内臓脂肪まで溜めやすくなってしまいます

だから、久しぶりに体重計に乗ったらビックリしてしまうのです。

基礎代謝の低下が痩せにくくさせる

そして、年齢と共に筋力が低下することで、基礎代謝が落ちてしまいます。

ちょっと体を動かす時間が減ってしまうと、あっというまに体脂肪がドッカンと増えてしまうのです

短期集中でダイエットに挑戦しても、30代の頃みたいに体重が素直に減っていかないのは更年期の体ではしかたがないことかもしれません

それでも短期間で脂肪を落としたい

基礎代謝が落ちてしまっている体は、少々食べるものを我慢しても、1~2キロ減らすのだってかなり難しいはずです。

でも、同窓会までにはどうにかして短期間に体重を落としたいとなれば、一日1食~2食をダイエット食に置き換える方法しかないでしょう。

そうすれば、一日の摂取カロリーが減りますから、3キロくらいなら減量できるはずです。

急いでダイエットするのがダメな理由

基礎代謝が低下している体を一日の摂取カロリーを減らす。

その方法で体重をコントロールすると、リバウンドするのもあっという間です。

そうなると、ダイエット前よりもさらに太りやすい体になってしまいます。

そして、一番大きな問題は、同窓会までに綺麗に痩せたかったはずなのに、

お肌がボロボロになってしまう

シワが深くクッキリしてしまう

このような可能性が大きくなってしまうことです。

体重が減っても、疲れて見える顔では年よりも老けて見られてしまうもの。

ダイエットが成功すれば、若いデザインの服を着こなせるようになるものです。

でもね・・・急激に痩せて見た目が「老ける」なんてことになったら、なんのためにダイエット頑張ったのかわからないのよね・・・

若作りの痛いおばさんの服装や髪形に世間の目は厳しく冷たい

2015.02.03

同窓会まに痩せるではなく美しくなることを目標にする

いちごショートケーキ

急激なダイエットで、ウェストが細くなっても、見た目年齢が上がってしまってはどうにもなりませんわ。

かといって、全く何もしないまま出席するのも悔しいのが女心!

ならば、同窓会の日まで無理なくダイエットをすることのほうが、体にも肌や髪にも負担がかからないはずです

では、痩せにくくなった体でも、美しくダイエットを成功させるためには何をしたらいいのでしょうか?

1、時間があればできるだけ体を動かす

今まで運動なんてしてこなかった体で急に運動しても長続きはしません。

普段手を抜きがちな掃除を小まめにしたり、散歩をしたりするのが無理なく体を動かせるからおススメです。

ウォーキングをすることでβエンドルフィンがでることで体が快感を得ることで、自然に食べる量が減るそうなんです。

お腹もすいていないのに、つい食べ物に手が出てしまう癖のあった私も、ウォーキングを始めてからケーキや和菓子を食べたくなる衝動がなくなったのよ♪

2.女性ホルモンを整える食生活

女性ホルモンの低下が原因で太りやすい体になっているのなら、それを補う食生活をこころがけるのも、見た目年齢を若くすることができるはず。

エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを毎日の食事で食べることは、更年期の悩みにも効果があります

フジッコクロクロ黒酢黒大豆の効果!更年期のダイエットに期待できる話

2016.06.22

3、体の代謝を良くする酵素を摂取する

年齢と共に少なくなってくる潜在酵素の量。

人が持って生まれた潜在酵素の量が減ることで、食事の消化は悪くなり体の代謝も悪くなってくるのも太りやすくなってくる原因です。

酵素は生の食材(果物、野菜、お肉、お魚)を毎日意識して食べることで自然に補うことができます。

しかし加齢とともに減少する潜在酵素を毎日の食事でしっかりとるのはハッキリ言ってものすご~く大変です・・・

効率よく酵素を体に摂りいれたいのなら、酵素のサプリメントやドリンクを利用してみるのが一番です!

ビフィズス菌、食物繊維、黒酢もろみ末が配合された、美容と健康に嬉しい酵素のサプリメントはこちらをチェック!

矢印チェックみやびの植物酵素100

酵素ドリンクは効果ない?50代プチ断食で目標-3キロに挑戦!

2014.11.28

4・バランスの良い食事をする

ダイエット番組で、短い期間に○○を食べて-何キロっていうのが定期的に流行ります

バナナ、納豆、ココア、リンゴ、卵を食べて痩せる方法なんていうのも流行りましたね

でもこんな片寄った食事方法では、体に良いはずがありません。

キレイにダイエットをしたいのなら、バランスの良い食生活が一番です。

ただし、脂肪を蓄えやすく筋肉量が低下する50代の体ですから、

低脂肪・高タンパク。

炭水化物は少なく、野菜はタップリ

そして腹八分目ではなく、7分~6分目くらいにするのがダイエットの成功につながります

ダイエットの王道!腹6~7分目を実行してみる

ダイエット方法は数あれど、一番の王道は腹6~7分目にすることです。

でも、それでは頭が食べたいものでグルグルしてしまう人は、まず噛む回数を多くしましょう。

最低30回、できたら50回。

一番いいのは口の中で離乳食になるほど噛んでから飲み込む!

しっかり噛むことで満腹感がでるうえに空腹になりにくい。そして肌にも体にもよく、小顔効果も期待できるそうですから最高のアンチエイジングでしょう。

緩やかダイエットで顔のしわを増やしません

同窓会の案内がきてから、すぐにダイエットを開始すれば、無理な減量をしなくてもそれなりに体重は減っていくはずです。

  • 家の中の雑巾掛けはまめにする。
  • 一日30分のウォーキング
  • アミノ酸たっぷりのサプリメントを飲む
  • 間食はできるだけストップ
私は数ヶ月かけて4キロのダイエットに成功!歩くことで体全体が締まってきたし、顎から首までがスッキリしましたよ!!

顔にシワが増えることなく顔周りがスッキリしただけで、かなり見た目は変わるものですわ。

痩せても、見た目年齢が老けてしまってはダメ!

無理なダイエットは老け顔になりやすい!

なかなか難しい50代のダイエットですけど、時間をかければ結果はついてくるものです。

体重を減らすよりも先に体を引き締めるつもりで同窓会まで頑張ってみることは、リバウンドをしにくい体になっていきますよ。

更年期のダイエット!顔にシワを増やさず健康的に痩せるコツ!

2015.09.14

矢印チェック腹6~7分目ダイエットなら食欲抑制ダイエットサプリメント「ナチュリア+」