ユニクロウルトラライトダウンの洗濯から乾燥までのコツがある

ダウンジャケットにくるまる猫

ウルトラライトダウンジャケットやウルトラライトダウンベストを愛用してる私ですが、ダウンベストの立ち襟部分が、室内で防寒着として着用するときに、ちょっと邪魔なんですよね。

しかも、この部分はどこよりも汚れが気になる場所は、キレイな色ほど汚れが気になるので困るのです。

スポンサードリンク

ユニクロダウンベストをインナーとして日常着に着ています

今シーズンからウィメンズウルトラライトダウンコンパクトシリーズに襟のないタイプが登場しましたので、インナーとしても活躍してくれそうです。

ウルトラダウン

像はこちらからお借りしました

エプロンの下にウルトラライトダウンコンパクベストを着ても首回りがモコモコしないので、早朝のお弁当作りも苦にならなくなりましたし、なによりも、襟部分の汚れが気にならないのが主婦には嬉しいのです。

ワンコのお散歩の時も、エプロンを取ってダウンベストを着たまま、コートが着れる薄さは冷え性にはありがたいです。

暖房で温まった体を冷やさないので、寒くなると背中から腰が痛む私にとっては、かなり嬉しいインナーですね。

回数沢山着るからこそ自宅で洗濯して清潔に着たい

私は若いころからダウンだろうがカシミヤだろうが自分でガンガンとお洗濯してます。

お洗濯表示を見ると、ドライクリーニング表示がありますが、よほどのお洒落着以外は、ちょくちょく着るものは汚れで生地の風合いが無くなったり、くすみんだ色になるのがとっても気になるのです。

ドライクリーニングにだしても、汚れの落ち方がイマイチなんですよね。

ちょっとした注意さえ守れば、天然の素材のもののほうが、自宅でのお洗濯はしていただけるはず!

なんといっても、ダウンは水鳥の羽ですから。

*ただし、ご自分の判断によりますのでご注意を

洗濯機より手洗いのほうが細かい部分洗いが出来るからおススメ!

ネットに入れて洗濯機で洗われる方もいるようですが、私は洗濯機で洗うと、空気を含んだダウンが浮き上がってしまい、洗えていない部分が出てきてしまうため、手洗いをしています。

洗濯機で洗う場合は、先に袖口や襟元の部分洗いし、洗濯用のおもりなどを入れられると、上手く洗えるかもしれません。

ファスナーはー全部閉めてから押し洗い!

まず、ファスナーやボタン部分は全て閉じましょう。型崩れを防ぐ目的もありますので、忘れずにしてください。

目立った汚れなどがありましたら、先に歯ブラシなどにお洒落着洗いよう洗剤を軽くつけ、叩くようにして洗っておきます。

ダウンをそのままの大きさで洗うのが一番ですので、本当ならお風呂場の浴槽がいいのですが、洗面器や洗面所でダウンを洗う場合は、軽く折りたたんでください。

*ぐちゃぐちゃにしたまま、お洗濯はダウンのかたよりの原因になりますのでご注意

あとは、普通のニットと同じようにおし洗いし、軽く1分ほど脱水をすればOKです脱水する際も、ぐちゃぐちゃにして入れないでくださいね。

ダウン製品の干し方にだってコツがある

洗濯

脱水からだしたダウンは、なんだか可愛そうなくらい羽毛が固まってるかもしれませんので、少し振り払うようにして、形を整えてから日陰でネットなどに平干ししましょう。

ある程度乾けば、羽毛が空気を含んでくれますので、ダウンの片寄りの心配もなくなりますから、ハンガーにかけて完全に乾かせば気持ちよく着ていただけるでしょう。

ユニクロダウンは自宅洗濯で普段に活躍

私みたいに、ユニクロダウンの着用時間が長いと、汚れもですが臭いも気になってきますよね。

ドライではどうしても落ちにくい汚れも、自宅での手洗いでスッキリと着用できると、気持ちもサッパリしますからいいですよ。

ただし、お洗濯から乾燥までに時間もかかりますので、ダウン着用時期が終わった後でないと、真冬には困ってしまいます。

毎年、一枚ずつ増えてる方でしたら、汚れたら洗ってが出来るでしょうから、ぜひ一度試してみてください

スポンサードリンク