秋の花粉症は要注意!咳や喉の痒みは喘息の可能性があります

高台から見る秋の住宅街

花粉症の症状は春も秋も辛いものです。

まだまだ一日中暑い9月頃からズルズルと鼻水、鼻づまり、咳などの症状がでてくると、寝冷えでもしたかと勘違いします。

でも鼻水が透明な時には秋の花粉症が始まってる可能性が大きいのです。

実は秋と春では辛さに違いはあり、秋の花粉症は喘息の発作につながりやすく

私のように気管支が弱い人は、喘息の発作が長引くきっかけにもなるため、かなり注意をしないといけないのです。

スポンサードリンク

秋の花粉症は8月から注意が必要です

秋の花粉症の原因になっておいる草花は、杉やヒノキのような高木ではないため、花粉の飛散量はあまり問題にはなりません

でも、特別な場所に生育しているわけではなく、どこにでもあるからこそ気をつけないといないのです

秋の花粉症の原因となる草花

ヨモギ
(花期:9月〜10月)

ブタクサ
(花期:8月〜10月)

カナムグラ
(花期:8月〜10月)

セイタカアキノキリンソウ:別名セイタカアワダチソウ
(花期:10月〜11月)

ススキ
(花期:9月〜10月)

どの植物も道端に普通に生えているものばかりですね

花粉が飛ぶのが8月~10月ですから、夏バテや秋バテで体が弱り免疫力が低下してくる頃。

鼻水・鼻づまり・微熱が続けば、風邪でもひいたかな~なんて思ってもしかたがないことかもしれませんよ

秋と春の花粉症の違いは喉の症状に現れる

咳が止まらない少女
秋の花粉症の原因となる植物は多いですが、ブタクサが日本ではスギ、ヒノキについで花粉症患者が多いんです。

秋の花粉症が咳の症状として現れる原因は、ブタクサの花粉の粒子がスギ花粉の粒子の2分の1以下

その小さな粒子が気管支の中に入り込みやすいため、喉の奥がむず痒く、違和感を感じ、そして咳が止まらなくなってしまうのです。

花粉症の咳とは違う喘息の症状

なんだか喉の奥がムズムズと痒くって、咳が出始めてるのを放っておくのはいけません。

特に、胸が重苦しい、深く呼吸をしようとしてもできない、呼吸をするとゼイゼイ、ヒューヒューといった音がするときには、喘息の症状がではじめています

喘息の発作は、そのままにして置いてはいけません

また喘息の発作で出る咳は、市販の風邪薬や咳止めで治るものではありません

早めに病院での治療を受けることが大切です

このくらいの息苦しさなら大丈夫なんて軽く考えてると、症状は酷くなるばかりですし、最悪は呼吸が出来ないまま非常に苦しい思いをしなくてはいけなくなります。

咳は簡単に治るものと思い込まない事

我が家では花粉症対策として窓を大きく開けての掃除は止めています。

今シーズンからはアレルギー対策としてお掃除はダスキンに変えました。

犬との散歩も帰宅後は全身を拭いて、花粉を落としてからしか家にあげません

これだけ神経質になるのは、若いころ咳が続くのを軽く考え呼吸困難から意識不明になり、救急車で搬送された経験があるからです

秋は寒暖差が大きく、喘息の発作がでやす条件が揃う季節です

なんだか咳や息苦しさがいつもと違うと感じたら、早めの受診をおすすめします。

咳喘息はストレスが原因?咳止めや風邪薬で咳は止まりません

2015.01.12

では、辛い秋の花粉症の時期、病院での治療以外になにを注意すればいいのでしょうか?

基本的な予防をしっかりして原因を作らない!

花粉症対策は春も秋も同じことです。

完全に花粉から逃げることはできませんけど、必要以上に吸い込まないようにすることはできるはずです。

・衣服についた花粉は室内に持ち込まない

・マスク、眼鏡、帽子を着用する

・帰宅後は手洗い、うがいは必ずする

・洗濯は室内干しにする

・掃除は窓を出来る限りあけない

・空気清浄器を使用する

こういったことに加え、お茶や乳酸菌などアレルギー、アトピーの症状を緩和してくれるサプリメントや食品を意識して摂る方法も注目されています

ただ、即効性はないので、花粉の季節が来る前から飲み続けないといけません

春も秋も花粉症の症状が酷く出る人は、一年中根気よく続けることが重要なポイント!

今年を乗り切れたからと何も防策をとらないと、毎年、花粉症の辛い症状に悩み続けることになりますよ。

ヨーグルト嫌いの息子にお茶で花粉症対策させています

花粉症対策に白井田七茶

我が家の20代の息子は、3歳から12歳まで小児喘息。花粉症は小学1年生から長年付き合ってきています。

大人になって喘息の症状はなくなったものの、花粉症はひどくなるばかりです。

自宅や自分でできることは対策をするのですが、なかなか改善はされません。

母親の私が20代で喘息になり、50代の今も季節の変わり目には病院通いを止めることができません。

それに花粉症の季節は喘息の発作にも悩まされるため、親としては花粉症を甘く見て成人喘息になってしまうのを心配するのです。

腸内環境を改善すれば花粉症の症状が軽くなるのはわかっているので、6年ぶりの同居を機会にヨーグルト生活も始めてみました。

でも、本人がヨーグルトが嫌いなため、毎日食べていたものが2日に一度、3~4日に一度となってしまいます。

緑茶が花粉症の症状を和らげてくれる効果があるのですから、緑茶好きならヨーグルトにこだわる理由はなさそうです。

それにお茶なら毎日飲むものですし、好きとか嫌いとか関係なく続けやすいですよね。

今年の春から飲み続けているおかげか、今年の秋はタバコをすごく吸う人の横にいた日だけ鼻がぐずぐずになるだけです。

毎日飲むお茶で花粉症対策をしっかりしたいなら、こちらのお茶がおすすめですよ。

矢印チェック100%オーガニック茶「白井田七。茶」



花粉症は雨の日に症状が辛くなる。薬の見直しと予防について

2015.02.05

大人の喘息は冷気と香水も発作の原因!真夏の食品売り場は要注意!

2016.08.29

乾燥の季節!粉ふき肌と喘息予防に白きくらげで体を潤してみる

2016.10.18

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016