秋バテの症状。猛暑&熱帯夜が原因で長期化?どう対処する

あずきのかき氷

お盆が過ぎて、やっと連日続く熱帯夜がなくなり、エアコンをつけなくても眠れる日がきました。

でも、そのころから体調不良が続いています

体がだるくって、胸焼けはするわ、頭痛はするわ、風邪かと市販の風邪薬を飲んでも効き目がありません

しかも眠っても眠っても体の疲れが取れなくって、暇さえあればダラダラと横になってばかり。

しなければいけない家事や仕事はどうにかしますけど、モーニングもランチも行く気力がなくなってしまいました。

この脱力感と体のだるさ、まだ8月なのに、もしかして「秋バテ」なのでしょうか?

スポンサードリンク

秋バテはとは?いつ頃、どんな症状がでるの?

毎日うんざりするよな暑さがなくなり、過ごしやすい日が続くようになると体調を崩す

「夏バテ」で崩した体調が回復するどころか、もっとぐったりしてしまうのが「秋バテ」です。

秋バテの体に現れる症状

●体が疲れやすい・だるい

●食欲がない

●胸焼け・胃もたれがする

●肩こりや頭痛がする

●無気力

●思考力低下

●倦怠感

●めまいや立ちくらみ

●眠りが浅く、寝不足になる

今年の夏は無気力感が早く出始めた

夏バテに疲労感や無気力、思考力の低下など、車の運転や、仕事に支障が出てしまうような症状がでます。

「夏バテ」よりも「秋バテ」のほうが問題があるかもしれません

例年なら、9月の中旬ころに、こういった症状に悩まされます。

なのに今年はお盆を過ぎたあたりから、無気力や浅い眠り、体も心も疲れた感じが抜けないのはなぜなんでしょうか?

8月なのに秋バテになってしまったのは猛暑が原因

アイスコーヒー

秋バテの原因としてエアコンの効いた室内と外の寒暖差があります。

自宅で過ごす時間が多い私は、今年の夏は必要がない外出は避けエアコンの効いた室内で大人しく過ごしたんですよ。

しかし、電気代節約のためリビングはエアコンで涼しくしていても、廊下に出たり、トイレや他の部屋は、同じ家の中とは思えないほどの暑さ・・・

外でも自宅内でも温度差がある場所を何度も行ったり来たりすると、自律神経が乱れて体調が悪くなってしまうのです。

それでも最初はどうにか気温の変化に対し、自律神経が身体を調整してくれるんですね。

体が慣れてきたころに、今度は季節の変わり目による気温の変化に対応しないといけなくなるため、自律神経の負担は増すばかりなのです。

長かった熱帯夜から解放された事が原因です

だから秋の気配がする頃に秋バテになるんですわ。

今年みたいに35度を超える日が続き、夜も熱帯夜が続いた後に日中30~33度になり、夜過ごしやすくなったことで、まだまだ気温としては高いのに、秋バテの症状がでてしまったのです。

この暑さがで冷たいものを沢山飲んだり食べたりすることも、胃が冷えてしまい、胃の働きが悪くなることで、胃の調子が悪くなるのも秋バテの原因です。

秋になっても日中エアコンの効いた室内が恋しい今の日本では、早くに秋バテになってしまうと、長引いてしまうのが困ります

対策もせず、そのままにしておくと太りやすい体になる

秋バテの様々な症状をそのままにしておくのは、身体にとって良くない事は誰にでもわかる事でしょう。

私たち女性にとって一番気になるのは、太りやすくなってしまうことなんです。

夏のエアコン生活や食生活で身体が冷えて代謝が悪くなると太りやすくなる

しかも更年期の女性の体は、冷やさなくても代謝が悪くなっています。

夏の暑さをどうにかしたいからと、身体を冷やす生活を続けていると、どんどんと脂肪をため込みやすい身体になってしまうのです。

健康診断で注意される体型にあっという間になってしまう可能性が大きいだけに、秋バテになる前や秋バテになったらすぐにどうにかしないといけません。

3つの方法で対策・解消とにかく身体を温める事。

体を外から内からも冷やし続けた結果、体が悲鳴を上げてしまう秋バテを治すためには、体の芯からじっくり温めることで解消されるのです

薬用ホットタブ

1:ぬるめのお湯でゆっくり入浴

夏、シャワーで済ませていたなら38~40度のぬるめのお湯でゆっくりと入浴ししましょう

湯船にゆっくりとつかることで、副交感神経の動きを高め、血流を改善してくれることで、胃腸の調子も良くなることが期待できるの

体の血行を良くしてくれる重炭酸の入浴剤を入れるとより効果があります

薬用入浴剤炭酸湯はこちらで購入できます!

矢印チェック薬用Hot Tab【温活365】

2:温かい飲み物に変える

残暑が厳しいと冷たい飲み物が飲みたくなるものですけど、身体を温めてくれる飲み物に変えてみると、秋バテを解消してくれます

ホットでもコーヒーや紅茶などカフェインのある飲み物は、空腹時に飲むと胃を刺激してしまうので、飲むなら食後や食中にするのがいいみたいですわね

3:体を温めてくれるものを食べる

にんにくや生姜などを使った料理を食べたり、飲んだりすることも秋バテ解消には効果があります

ただし、生姜は生の状態では体を温める効果は期待できません

必ず温めたものを食べるようにしましょう!

生姜ダイエットの効果と正しい方法!体の中から温まっていますか?

2015.01.13

季節の変わり目の体の不調は早めに治す

つい、そのうち治るだろうと放置してしまいがちな秋バテですけど、症状が長引けば心身ともに負担が増すものです。

秋が過ぎても体力や気力がもどらないと、免疫力の低下などによって風邪やインフルエンザにかかりやすいそうですよ。

体が疲れ切ってしまう前に早めに治しておかないと、秋から冬までず~と体調が悪いままで過ごすことになるかもしれませんよ

ご自愛くださいませ

スポンサードリンク