赤ちゃんが鼻づまりで寝れない時、病院に行く前に試してみたい方法

泣く赤ちゃん

赤ちゃんの鼻がつまって、おっぱいを飲むのも辛そうだし、眠ってる姿も息が出来なくって、顔が真っ赤になると家族は心配になってしまいますね。

赤ちゃんの体調が悪い時には急いで小児科で受診をしたくなります。

そんな気持ちがあってもお母さんとしては、病院での受診を少し考えてしまうこともあるはず。

病院には沢山の患者さん。特に感染症が流行している時期ですと、小児科で受診して、他の病気にかかってしまうケースも聞くと考えてしまいうんです。

熱や吐き戻しなどない時には、少し様子を見ることも大事ですが、赤ちゃんの辛そうな表情を見てると、どうにかしたいのが親心。そんな時に試してもらいたい方法を私が子育て中にしてきた方法を書いてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんの苦しそうな鼻づまりは加湿と温度管理が必要

すやすや眠る赤ちゃん

赤ちゃんが鼻づまりで、授乳が上手くできない、夜眠ってる姿が苦しそうなど、親としてかなり心配になりますね。

我が家の娘も赤ちゃんの時から、鼻づまりが酷く、授乳中は顔を真っ赤にして飲み、眠るときは、息が止まるのではと思うほど、フガフガと苦しそうに眠っていました。

小児科の先生に相談したところ、乾燥が鼻づまりの一番の原因だそうでして、冬場の暖房はストーブにやかんを乗せて蒸気をだすか、エアコンなら、加湿器をつかうか、濡れタオルを室内に干すかしてくださいと言われました。

そして、もう一点は、もともと鼻の粘膜が弱い子供は、夜間に急激に気温が下がるときに鼻が詰まりやすくなるので、オイルヒーターやエアコンを上手に使うと、軽減されると教えていただいたのです。

そこで、起きている時間はストーブにやかんオイルヒーターも購入して、寝室に設置しました。

この2つの対策は、鼻づまりの酷い娘にも効果がありましたが、小児ぜんそくの息子の発作軽減にも役立ちました。

赤ちゃんの鼻づまりは温めて吸い取る

鼻づまりが酷い時には、赤ちゃん用の鼻づまり吸引機で、吸い取ってあげる方法を教えていただきますが、動き回る赤ちゃんだと上手く吸い取れないこともあります。

私は息子の時は吸入器で上手く吸えたのですが、娘は吸引器をでは吸い取れませんでした。子供の鼻の形や、鼻の詰りがどこまで酷いかによっては、鼻づまり吸引器も効果に差が出るみたいです。

また奥で固くなってしまった時には、無理に吸引器で吸おうとしても、痛がることもあります。そんな時には、お風呂に先に入れて、お風呂の蒸気で鼻の中を潤してあげると、するっと取れやすくなりますよ。

冬の必需品!0歳から使え感染症を予防する簡単・安心・清潔な電動鼻水吸引器(ネーザル アスピレ…

鼻づまりを解消しぐっすり眠るためには部屋の温度も注意する

2014.12.03

赤ちゃんの鼻づまりにおばあちゃんの知恵

しかし、鼻づまり吸引機の力加減が分からず、鼻づまりが気になり過ぎて、吸い過ぎてしまうと鼻の粘膜を傷つけてしまうことがあります。

そんな時に、おばあちゃんの知恵でしょうか?我が家の母は、赤ちゃんの鼻の付け根を、温めた自分の手で、マッサージをするようにそっと撫でた後、自分の口で赤ちゃんの鼻を吸い上げていました。

この方法、すごく効果がありまして、赤ちゃんの鼻の奥の塊がごっそり取れるのです。

でも私は上手く子供の鼻を吸うことが出来ず、ほとんど母に手伝ってもらっていました。

お母さんの母乳が鼻づまりに効く

昔から、母乳が出てるお母さんですと、鼻づまりをしてる赤ちゃんの鼻に、母乳を2.3滴、鼻腔にたらすといいと言われています。

母乳には抗炎症作用もあるそうで、これが鼻腔の腫れを抑えてくれるのかもしれませんね。小児科のお医者さんも勧める方法ですから、母乳が出るお母さんなら試していただくといいでしょう。

赤ちゃんの状態が明らかに変な時は受診しましょう

ミルクを飲む赤ちゃん

ゆっくりでもミルクやおっぱいが飲めてるのなら大丈夫ですが、明らかに飲む量が減っている時や、呼吸が喉の下がへこむなど、いつもと明らかに違う様子が見られた場合は、急いで小児科を受診をしてください。

鼻づまり・鼻水も改善が見られない場合は、副鼻腔炎になってることも考えられますので、鼻の吸引ができる小児科か耳鼻科への受診してください。

赤ちゃんの鼻づまりが治ればママの寝不足も解消できる

赤ちゃんの鼻づまりが治れば、ママも家族も安心して、ぐっすり眠れる日がやってきます。

赤ちゃんが健康だと、ホッとしますものね。

一歳半、突然の夜泣きは鼻づまりが原因?5つの対策で乗り切った!

 

スポンサードリンク